更新情報はこれで見逃さない!?Chrome拡張「Inoreader」

話題に乗り遅れる美女

突然ですが、アナタはこんな経験をしたことありませんか?

「ゲームの情報を友達にネタバレされた…」

「いちいちすべてのサイトを横断して見たいサイトを確認する作業が面倒くさい…」

などこういった悔しい思いや手間のかかる作業をしていませんか?

実はこの面倒くさい作業を簡略化できる方法があります!

それがこの…

「Inoreader」

というRSSリーダーです!

そもそもRSSリーダーって何っ?

RSSリーダー

RSSリーダーってちょくちょく聞きはするけど、具体的に何をやるものなのかと言葉は知っていても使い方が分からないという方も結構多いと思います。

かくいう私も、RSSリーダーという言葉は、前からサイト作成の関係上、耳にしたり、目にしたりすることは多かったものの、具体的にそれはどういうものなのか?と考えたときには、正直、よく分からん機能という感じでした。

そんな私のように、よく分からん機能だという方に簡単に説明すると、RSSリーダーとは、サイトのデータを保存するブックマーク機能と、そのブックマークしたサイトの更新情報を受け取るアンテナの役割を担ってくれるサービスになります。

正直使い始める前は、「これそんなに使えるものなのか?」と、webブラウザに搭載されているブックマークを愛用していた私なんかは、半信半疑でしたが、使ってみたら思いのほか使いやすかったのでこの機会に記事で紹介することにしました。

過去の私と同じように、ちょっとRSSリーダーというサービスを使おうか悩んでいる方はぜひ一読して頂ければ幸いです。

RSSリーダーを使って出来ること

RSSリーダーを使って出来ることは以下の通りです。

  • 登録したサイトの最新情報を更新されてすぐ受け取ることが出来る!
  • ページ保存機能もあるので、どのパソコンからでもブックマークが可能!
  • クラウド上に保存されているので、ログインできれば会社先のパソコンなどからでも登録したサイトにアクセスOK!

などなど出来ることは結構地味なのですが、実用的な機能がそろっているサービスになります。

Inoreaderとは…?

Inoreader

2013年にInnologicaという海外の企業で生まれたクラウドベースのサービスで、2008年に初版がリリースされた同サービスのFeedly等に比べると、RSSリーダーとしては後発組に入るサービスになります。

それ故、ソーシャルボタンとしての普及などが追い付いていないサービスになるので、あまり大きく認知されていないサービスにもなります。

カタカナ言葉だらけでよくわからんという方は、『自分のパソコン以外でもブックマークが出来る便利機能』とでも思っていてくれるとイメージしやすいかと思います。

今回は、数あるRSSリーダーの中でもこのInoreaderを使ってやっていきたいと思います。

導入手順

主な流れは以下の通りです。

➀Inoreaderの公式サイトに行き、アカウントを作成後、そのままログイン。

②Googleウェブストアより、『Inoreader Companion』を『+CHROMEに追加』。

【Inoreader導入手順解説】

Inoreaderでアカウントを作る

Inoreader

まずは、Inoreaderの公式サイトに行ってみましょう。

言語は、デフォルトで英語になっていますので、英語はちょっと…という方は、画面右上にあるEnglishタブ横の▼マークをクリックして、日本語に変えてしまいましょう。

Inoreader日本語

次に日本語に言語を変えることが出来たら、『フリーのアカウントを作成』をクリック。

アカウント作成Inoreader

すると、このようにアカウント作成メニューが出てくるので、Googleが提供しているGmailや、yahooメールなどを使ってメールアドレスを入力していきます。

パスワードは、このInoreaderを使う時に必要になるパスワードになるので、Gmailなどのメールアドレスのパスワードを使うのではなく、Inoreaderで使うパスワードを新規に考え、入力しましょう。

ここまで入力できたら『アカウントを作成』ボタンをクリック。

アカウント作成

すると、入力したメールアドレス宛に、仮登録メールが届くので、リンクを押して本登録をします。

アカウント作成手順

そして、この画面に行けばアカウント作成は終了です。(特に入力する情報等はありませんのでご安心を…)

アカウント作成手順2

Google拡張機能『Inoreader Companion』を追加する

Inoreader+

Googleウェブストアより、『Inoreader Companion』を検索ボックスで検索し、右上の『+CHROMEに追加』ボタンをクリックし、反映させます。

詳しい拡張機能の導入方法については以下のページにて解説しているので、そちらを参照の上、追加させてみましょう。

【永久保存版】Google拡張機能導入手順マニュアル

以上で導入は完了です。

Inoreaderを使いこなそう!【一部機能紹介】

使いかた

私も使い始めて日が浅いので、まだ完全に使いこなせているわけではないわけでして、今回ご紹介できる機能は一部のみです(スミマセン…

一部のみではありますが、その一部機能でも使う価値アリ!なものなので、これ使えるな!と少しでも思ったら使ってみることをおススメします。

ちなみに今回ご紹介する機能は以下の二つになります。

  • お気に入り機能
  • リーダー登録機能

では順番にご紹介していきます。

外出先でも使える!?Inoreaderのお気に入り機能

いいね!

企画で使う参考資料となるサイトを家のパソコンでブックマーク登録しておいたけど、外出先でもそれが見れればいいなあという時に、使えるのが、このInoreaderのお気に入り機能(と勝手に命名したもの)になります。

お気に入り

実際の画面で見てみるとこの赤枠で囲っている部分の『保存したウェブページ』というところに保存される機能です。

やり方としては、以下の通りになります。

step1 保存したいページを表示する。

step2 保存したいページを表示させたタブで、先ほど追加したGoogle拡張機能『Inoreader Companion』のアイコンをクリック。

step3 すると以下のように色んな項目が出てくるので、『Save this page』と表記されたしおりアイコンをクリック。

Inoreader使い方

ちなみに保存に成功すると、このようになります。

Inoreader使い方2

見て頂ければ分かると思いますが、しおりアイコンが黒くなります。

ブラウザ版のInoreaderの方に戻ってみると、このように追加されているのが分かります。

保存成功

ちなみに…

hozon

下の方にある、矢印から保存したページに飛ぶことも出来ます!

これで話題に乗り遅れない!超便利!リーダー機能

話題先取り

次にご紹介したいのが、リーダー機能です。

リーダーシップの方じゃなくて、読む方のリーダーですので間違えないように…

まとめサイトやブログを読む中で、更新情報が流れないブログやサイトもまだネット世界には多数存在します。

というのも、サイトであればWordpressなどを使って製作していれば、更新情報リストを付けることもプラグインなどの仕組みを理解していれば付けれるものの、記事をメインに売りにしている人やブログをとりあえず書いてみた方にとっては、中には付けない人も多数います。

そんな中で、サイトがいつ更新されるか分からないからといって、毎日毎日訪問していては手間になります。

ましてや、毎日見るサイト数が多ければ多い程、それは難しくなります。

そんな時に使うのが今回紹介する機能になります。

早速使い方などの紹介もしていきます。

こちらも先ほどと同じで、見たいブログやサイトのページを開いたタブでGoogle拡張機能『Inoreader Companion』のアイコンをクリックします。

すると、このように先ほどのバーが出てきますので、『+マーク』のところをクリック。

Inoreader使い方3

すると、feedという画面が表示されるので、チェックマークがついていたら成功になります。

Inoreader使い方4

成功するとInoreaderの購読アイテムに追加されます。

RSS

※サイトによっては購読アイテムに正規の方法で追加できない場合がありますので、その点ご了承ください。

他にもまだ紹介できていない機能や裏ワザもありますが、日を改めてそちらは書かせていただきたいと思います…

おわりに

見たい情報をとにかくまとめておきたく、最新情報だけを追っかけたいという方には、おススメな機能ですね。とくにトレンドを追いかける立場の方にとっては、持っておいて損はないかと感じます。

私なんかはサイトやブログを立てるのに使うネタ収集や、小技を参考にしているサイトさんが多いので、外出先で頻繁に見たりするものは保存してあったりします。

反面、情報を几帳面にまとめて区分ごとに見やすいほうがいいという方には、このInoreaderは不要かと思われます。

今回の記事では紹介していませんが、一応このRSSリーダーにもカテゴリ振り分け機能はあるものの、見やすさでいえば、Webブラウザに搭載されているブックマークの方が個人的には使い慣れているというのもあってか、多少Webブラウザのブックマークの方が勝るかと…

それになんといってもこの機能…

サイト登録は、ボタン一つで出来てしまいますが、実際にページを閲覧したいという場合は、一度ログインをして、Inoreaderのサイトにアクセスしなければいけないので、そういった時間が惜しく、見たい情報もそう多くはないという方は、webブラウザに標準搭載されているブックマークで充分かなと使ってみて個人的に感じました。

まあ、まだ使い慣れていないという部分もあるので、これ以外の機能についてはまたいつか…

それでは!

スポンサードリンク