世界の美術館や博物館をタダで覗ける!?Google Arts&Cultureの使い方

これで海外旅行気分?

アナタは海外旅行をした経験はありますか…?

グローバル化ってことで、学生なら、高校側に姉妹校の一つとして、海外との繋がりが、企業なら、研修の名の下、海外に目を向ける方も少なくないのではないでしょうか…?

ただ、全員が全員いける場所でもありません。

企業なら、時間の都合上、学生なら、金銭面の都合があるのではないでしょうか。

かくいう私自身も、主に金銭面の都合上、海外留学も海外旅行行ったことありません…

しかし、そんな人でも海外に行った気分を味わえるものがあります!

それが…

アートプロジェクト

というものです!

今回は、自宅で旅行気分を味わえるアートプロジェクトというアプリについて紹介していきます!

アートプロジェクトってなに?

ネットワーク

アートプロジェクトとは、世界中にある約4万5千もの作品展示が無料で見れるwebサービスです。

webサービスなので、画面を介してとはなりますが、ちょっと趣味程度、ないし作品作りの参考になら、気軽に見れます。

「これでデートも…」

とまでは流石に厳しいところもありますが…(^^;)

アートプロジェクトでできること

ものつくり

では、アートプロジェクトではどういったことが出来るのでしょうか?

アートプロジェクトで出来ることは主に以下の通りになります。

  • 日本を含め、世界中にある展示(一部除く)が、現地に足を運ばなくても無料で見れる!
  • SNSでもって、友達と見ている作品を共有できる!
  • 気になった作品だけをお気に入り登録をして見れる!
  • 作品をジャンル別に見ることができる!
  • 【PCブラウザ限定】Googleのスタート画面の背景を気に入った作品に設定できる!

できること多すぎですね…(^^;)

ということで、順々に機能面の解説と合わせて見ていきます。

現地に足を運ばなくても無料で見れる!

移動する

アートプロジェクトはそもそも、webを介したサービスになるので、展示がネット上で見れます。

つまり、移動に時間をかけたくない人にはいいわけです。

反面、ズーム機能はあるものの、そこはやはり画像データとしての閲覧になるので、直に展示を味わいたいという方には少し向かないサービスになります。

そして何といっても無料で閲覧が出来るのが、このアートプロジェクトの魅力の一つでもあります。

日本にある美術館や博物館といった施設は、今では入館料というものを必要とします。

もちろん無料のところもありますが、大きな展示会や、他県の展示会となると、展示会が行われる場所は限られ、結果、交通費などが発生したりもします。

そうなると、時間もお金も少なからず取られるものではあります…

しかし、そういったコストがかからないのが、このアートプロジェクトの魅力でもあります。

SNSで見ている作品を共有できる!

カップル

作品の魅力を他の人と共有できる点もあります。

これは、本来見に行った人としか、意見や見方を共有できなく、「へぇ~」という聞き方で終わってしまうという点を防ぐことができます。

その他にも、Twitterなどでハッシュタグなどを用いて発言すれば、趣味嗜好が近しいユーザーを助け、面白い意見を収集することも出来るようになります。

反面、共有できるサービスが、海外発のサービスになるので、以下のように世界的にシェアのあるサービスに限られるます。

そのため、日本などのアジア圏を中心とした人達が利用しているLINEなどの個人プラットフォームで、共有することが出来ないという多少の使いづらさもあります。

気になった作品をお気に入り登録して見れる!

お気に入り

これは、イチからまた、探し直さなくていいという点で使える機能になります。

美術館や博物館に行くと、広い空間のあちこちに作品が点在しています。

なので、あらかじめどういう作品を見るか、またどういう作品を見直そうかという、多少の手間が発生します。

もちろん、その過程を楽しむという方もいますが、時間に余裕がある人ばかりではありません。

そんなときに使えるのが、ネット上だからできるショートカット機能のお気に入り登録機能。

好きな作品はまた見返したいという時には重宝するのではないでしょうか。

作品をジャンル別に見ることができる!

リスト分け

アートプロジェクトの二つ目の大きな魅力として、ジャンル別に見られるという機能です。

私なんかは、学生の課題として、しばしば美術館に足を運んで、論評ネタのために実際に作品を見に行くのですが、その時に感じるのが、作品に使われている手法がばらばらに展示してあって見にくいという点。

美術館や博物館というのは、純粋に作品だけを楽しむ人を対象としているので、作品に組み込まれる歴史的背景と合わせて見てもらうため、時系列ごとに、展示してあることが多いです。

一方、作品作りを生業にしている人は、そういった作品の背景もそうですが、技法を模倣しようと学びに来ている方もいます。

しかし、美術館や博物館も商売ですので、多くの人に見てもらうように工夫をしなければなりません。

そうなったとき、多数の人の見方を優先され、技法で作品を見ることがほとんど出来なくなります。

そういった問題が解決できるという点でも役に立ちます。

というのも、ネットのサービスというのは、ユーザーのニーズに答えようとするため、そういった目的別に閲覧する方向けに、ジャンル別という機能もあるのです。

【PCブラウザ限定】Googleのスタート画面の背景を気に入った作品に設定できる!

Google

他にも、PCでのみになってしまいますが、検索エンジンの背景設定にも、作品群を反映することができます。

これで好きなアーティストの作品を毎回見ることも可能です。

※尚、導入の仕方については、今後の記事で書くので、今回は割愛します。

いかがでしょうか?

実際やれることは地味に見えるかもしれませんが、コストパフォーマンスの面でいえば、とても便利なサービスなのではないかと感じていただけたのではないでしょうか?

アートプロジェクトを実際に使ってみよう!

アートプロジェクト

アートプロジェクトはコチラからページへ飛ぶこともできます。(https://www.google.com/culturalinstitute/beta/?hl=ja

作品を検索するには、右上の検索マークから好きなキーワードを入力し作品を探したり、

アートプロジェクト2

ジャンル別に、作品を探したりすることもできます。

アートプロジェクト3 アートプロジェクト4

調べたい事柄から選んで目的の作品が見つけられると良いですね。

おわりに

 町

今回は簡単にアートプロジェクトがどういうものなのかについてまとめました。

「海外留学経験はできないけど、せめて海外の作品を参考に作品作りに打ち込みたい!」という方は、ぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか…?

スポンサードリンク







これで海外旅行気分?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です