デザイナー向け!フォントの種類や大きさが分かるChrome拡張「WhatFont」

フォント

Webサイトを作ったり、そのデザインの勉強していると、ちょくちょく見つかる自分好みのフォント。

「私もこのサイトが使っているようなフォント使ってみたい!」と思われる方も中にはいるはず。

しかし見ず知らずのサイト運営者に直接聞くのはちょっと聞きづらい…

そんな時に役立つ拡張機能「WhatFont」を今回はご紹介していきます。

そもそもフォントとは何ぞや…?

フォント

Office系のソフト(Word,Excelなど)を使ったことある方などは、

何となく知っている方もいると思いますが、フォントとは、「ある書体を表現するための手段」です。

もう少し簡単に言ってしまうと、文字の形をカクカクにしたり、ふにゃふにゃにしたりする

いわば、文字効果、文字の魅せ方を変える機能です。

Google拡張機能「WhatFont」とは…?

文字

Google拡張機能「WhatFont」とは、フォントの種類、色、大きさといったものを

見ることが出来ます。

これを使うことによって、使いたいフォントを参考にできるわけですね。

Google拡張機能「WhatFont」で出来ること

文字

一言で言ってしまうと、書かれた文字の分析です。

フォントの解析はもちろんそうですが、どの種類のフォントを使っているのかということも知ることが出来ます。

WhatFont

その他、Twitterで解析したフォントを共有できるなどの機能も持っています。

Google拡張機能「WhatFont」使い方

では早速、その使い方についても見ていきましょう。

まずは、Chromeウェブストアより、Google拡張機能「WhatFont」を拡張機能として導入します。

WhatFont

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

後は、解析したいWebサイトのページへ行きます。

WhatFont

導入したばかりの初期設定では、「OFF」になっているので、「WhatFont」の拡張機能アイコンをクリックして、「ON」にします。

WhatFont

「ON」にできたら、解析したい文字を左クリックしながら、なぞりましょう。

WhatFont

そうすると、解析結果がこのように表示されます。他にもRBGとの切り替えも出来るので、Photoshopとの相性も抜群です。

WhatFont

ちなみに「WhatFont」は、「Exit WhatFont」で、「OFF」にすることができます。

WhatFont

おわりに…

コーヒー

今回は、Google拡張機能「WhatFont」をご紹介しました。

Webデザインをはじめとした分野で使える拡張機能になりますので、

ぜひその分野で活躍されている方は、導入してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

Google拡張機能「WhatFont」

スポンサードリンク







フォント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です