Wikipedia内の用語調べに役立つ!Chrome拡張「Wikipedia Peek」

Wikipedia

インターネットの百科事典として名高い「Wikipedia」。

調べものなどを行う時には便利なWikipediaですが、

文章中には分からない用語もちらほら。

用語にはリンクが設けられているものの、

いちいちリンクを踏んで用語を調べるのは面倒な上、

それだけに時間を取られるのは嫌ですよね。

そんな方にお勧めするのが今回ご紹介する「Wikipedia Peek」。

調べたい用語を一発で引くことが出来る「Wikipedia Peek」は、

Wikipediaで調べものをするのに

とても役立ちます。

今回はそんな「Wikipedia Peek」について

ご紹介していきます。

Google拡張機能「Wikipedia Peek」とは…?

Google拡張機能「Wikipedia Peek」とは…?

Google拡張機能「Wikipedia Peek」とは、

インターネットのフリー百科事典と名高いWikipedia

用語を一瞬で調べることが出来る拡張機能です。

リンク先へジャンプして用語を一つ一つ調べる作業を

ショートカットするのに役立ちます。

プレビュー機能で覗き見出来る?Wikipedia Peekのココがスゴイ!

プレビュー機能で覗き見出来る?Wikipedia Peekのココがスゴイ!

では、Google拡張機能「Wikipedia Peek」はどのように役立つのでしょうか?

この拡張機能では、いちいちリンク先へ用語を調べに行かなくても、

プレビュー機能で用語の概要を覗き見することが出来ます。

具体的な流れは以下の通り。

例えばWikipediaで開いたページを開いて調べものをしていたが…

Wikipedia Peekのココがスゴイ!

彗星という言葉が分からない…

Wikipedia Peekのココがスゴイ!

そんな時は「Wikipedia Peek」があれば、マウスを彗星という言葉の上にかざすだけで、彗星とはどういうものなのかを簡単に知ることが出来ます。

Wikipedia Peekのココがスゴイ!

これらを使うことによって、調べものにかける時間を少しだけ節約することが可能です。

Google拡張機能「Wikipedia Peek」の使い方

では早速、その使い方についても見ていきましょう。

まずは、Chromeウェブストアより、Google拡張機能「Wikipedia Peek」を拡張機能として導入します。

wikipedia peek

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

後は、前の章で紹介した通りに調べたい用語の上にマウスをかざし、

知らない用語を簡単に調べてみましょう!

ちなみにリンクがある用語しか調べられないようなので、

その点はあらかじめご理解下さい…。

おわりに…

おわりに…

今回は、Google拡張機能「Wikipedia Peek」についてご紹介しました。

Wikipediaを日常的に使う方はぜひ一度導入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連リンク

Wikipedia

Google拡張機能「Wikipedia Peek

スポンサードリンク







Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です