無料キャプチャソフト最高峰!?Chrome拡張「FireShot」の使い方をご紹介

Fireshot

数ある画面キャプチャソフトの中でも群を抜いて、あらゆる場面で使いやすいと評判のFireShot。

スクリーンショットはもちろん、印刷なども可能で会議の参考資料として役立つ使い方も!?

今回はそんな高性能キャプチャソフト「FireShot」の機能をまとめてご紹介していきます。

そもそも「FireShot」とは何ぞや…?

カメラ

「FireShot」とは、Chromeブラウザで表示された画面を瞬時にスクリーンショットするのに役立つ拡張機能になります。

ちなみにこれらを使うことによって出来ることは以下の通りです。

  • キャプチャ範囲を自由に選択してスクリーンショットが行える!
  • PDFにも対応しており、チャット越しのコミュニケーションのサポートにも!
  • 印刷がその場で出来るので、会議の参考資料としても利用できる!
  • 細かな写真編集にも対応!(※別途ペイントソフトを始めとした画像編集ソフトが必須

大雑把にまとめてこれくらいの機能を「FireShot」は持っています。

今回はそれらの機能について順を追って解説していきます。

Google拡張機能「FireShot」の導入手順

まずは最初にGoogle拡張機能「FireShot」をChromeブラウザに導入していきます。

FireShot

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

キャプチャ範囲を自由に選択してスクリーンショットが行える!

最初にご紹介するのは、ブラウザ上の画面を瞬時にスクリーンショット&保存する方法です。

こちらの機能は、他のキャプチャソフト同様、キャプチャする範囲を指定できる部分選択モード、ブラウザ上で表示された画面全てをキャプチャする全選択モードの大きく分けて2つが存在します。

FireShot使い方

その他にも「FireShot」では目に見える範囲をワンクリックでキャプチャする機能なども存在します。

では早速、どういう風にブラウザのキャプチャが行えるのか流れについても詳しく見ていきましょう。

今回は例として「ページ全体をキャプチャ」を行っていきます。

FireShot使い方

ページ全体のキャプチャの読み込みが終わるとこのような画面へジャンプします。

FireShot使い方

画像で保存する場合はこちらの「画像として保存」をクリック。するとPC内のエクスプローラーが起動するので、後は手順に従って画像を保存してください。

FireShot使い方

ファイルの保存形式を変更したい場合は?

ちなみに初期設定では、ファイルの保存形式が「PNG形式」となっています。そのため保存形式を変更したい場合は、こちらの「カスタマイズ」をクリック。

FireShot使い方

するとまた別タブでこのようにオプションメニューが起動するので、ここの「ファイルの設定」画面より保存するファイル形式を選択。最後に設定を保存して閉じて下さい。これでjpg形式でも画像保存が可能です。

FireShot使い方

PDFにも対応!?チャット越しのコミュニケーションのサポートにも!

画像保存の他にも電子文書で顔の見えない相手にソフトの細かな使い方を教えたい!という時にも役立つ機能として、画面キャプチャの他にもPDFに変換出来る機能も「FireShot」は備えています!

やり方としては、先ほどの画面から「PDFとして保存」の項目をクリックします。後は画像ファイルを保存した時のようにエクスプローラーが起動するので、画像保存を行ってみてください。

FireShot使い方

するとエクスプローラーの方で「FireShot」のファイルが自動的に生成されるので、そちらからPDF文書を呼び出したりすることも出来ます。

FireShot使い方

印刷がその場で出来る!会議の参考資料としても利用が可能

その他オフラインの社内会議などでも使いたい!という方も中にはいると思います。

そんな時は「FireShot」の「印刷」にお任せ!

FireShot使い方

「印刷」の画面をクリックするとこのように印刷の設定画面が現れるので、印刷形式を選び、印刷内容を確認。最後に印刷することで社内会議などにも利用することが出来ます!

FireShot使い方

「でも、印刷の機能なんて普通のWebページからも出来るし、この機能意味あるの?」

→「FireShot」は画面キャプチャをした上で印刷が出来るので、キャプチャ選択次第で余計なバナーなどをあらかじめ取り除いて必要な部分だけ印刷するのに役立ち、無駄なインクを消費せずに済みます。

そのため家庭内で資料をあらかじめ、プリントアウトしたい人などにとってはインクの節約になるでしょう。

細かな写真編集にも対応!(※別途ペイントソフトを始めとした画像編集ソフトが必須)

最後に優れているポイントとして、「FireShot」は外部のソフトを合わせて用いることで簡単な画像編集も可能という点があります。

こちらの「クリップボードにコピー」の項目を見てみると分かる通り、クリップボードに一時的に保存も出来ます。

FireShot使い方

左にある抽出された画像ファイルの上でマウスを右クリックし、「画像をコピー」を選択します。

FireShot使い方

そして、ペイントソフトなどを別途起動し、「Ctrl」キー+「V」キーなどで画像を貼り付け処理すれば、このように細かな画像編集を行うことも出来るので、サムネイル画像などを作りたい時には重宝します。おまけに画像保存の処理をワンステップスキップできるので、余計な手間を取りません。

FireShot使い方

ちなみに実際にペイントソフトなどを通すとこのような感じになります。

ペイントソフトを通した後

このように何かと使いやすい機能が標準搭載されています。

ちなみに「FireShot」は有料版にもアップグレードできますが、今回ご紹介した機能を使う分には無料で全て扱えるので、よほどのことがない限りはアップグレードの必要はありません。

おわりに…

カメラ

今回は、Google拡張機能「FireShot」の使い方についてご紹介しました。

無料で高性能な画面キャプチャソフトを使ってみたい!という方はぜひ今回の記事を読みながら「FireShot」を導入して使ってみてくださいね♪

関連リンク

Google拡張機能「FireShot」

スポンサードリンク