WordPress運用者必携ツール!Chrome拡張「HTMLエラーチェッカー」

WordPressなどのブログシステムを用いていると、たびたび遭遇する「HTMLタグが反映されない」問題。

キレイな文字装飾をしていても、しっかりHTMLが記述されていないと記事の見栄えが悪くなってしまうことも…。

今回はそんなHTMLのミスをチェックする拡張機能「HTMLエラーチェッカー」の使い方をご紹介していきます。

タグのつけ忘れをバッチリ修正!Google拡張機能「HTMLエラーチェッカー」とは…?

タグ修正

Google拡張機能「HTMLエラーチェッカー」とは、その名の通り、HTMLで記述されたコードにミスがないかをチェックする校正ツールになります。

主に記事内の執筆と文字装飾をおこなった後の最後の確認として使われます。

このツールを使うことによって、HTMLで記述された文章のタグの閉じ忘れなどを効率良く修正します。

Google拡張機能「HTMLエラーチェッカー」の使い方

では最初に、ChromeウェブストアよりGoogle拡張機能「HTMLエラーチェッカー」を導入しましょう。

HTMLエラーチェッカー

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

ブログ記事を書いている画面で先ほど導入した拡張機能のアイコンをクリックしてみましょう。

HTMLエラーチェッカーを使ってみた

するとこのようにタグの校正結果が出力されます。この結果を見る限りだと、今書いている部分まででは特にHTMLのミスはないようですね♪

HTMLエラーチェッカーを使ってみた

では反対にこのHTML文でタグの記載が間違っている場合、どのような出力結果になるでしょうか?今回は例としてTwitterで試してみます。

HTMLエラーチェッカーを使ってみた

仮にタグの記載が間違っている時は、このようにエラーが吐き出されます。ちなみに画像にもある通り、エラーの数はアイコン右下に、エラー項目はHTMLエラーチェッカーの文章番号でそれぞれ表示されます。そのためもし記載したHTMLに不備があった場合、該当する部分をHTMLエラーチェッカーに表示された文章と照らし合わせながら、指定箇所を修正するようにしましょう!

HTMLエラーチェッカーを使ってみた

メディア掲載前に必ず目視での確認も行なうようにしよう!

必ず目視で確認も!

このように細かいミスも指摘してくれる便利なツールであることは間違いありません。

しかしチェッカーといえど、中にはタグが間違っていても反応しないケースももちろんあります。

そのためもしメディア掲載する場合は、記事公開前に必ず、文章の手直しと合わせて目視でのタグの見直しも行なうようにしましょう!

おわりに…

喜び

今回は、Google拡張機能「HTMLエラーチェッカー」の使い方についてご紹介しました。

メディア運営をされている方や、物書きを生業としている方は、ぜひ導入を検討してみてください!

関連リンク

Google拡張機能「HTMLエラーチェッカー」

スポンサードリンク