書き直し不要!定型文を簡単登録できるChrome拡張「Insert Text」

【おススメ!】書き直し不要!定型文を簡単登録できるGoogle拡張機能「Insert Text」

文章を書くことを生業としていると、稀に書くことを求められる文章上の決まり文句。

わざわざ同じ内容を何度も書き直したりするのは面倒ですよね…。

そんな作業を簡略化するのに役立つのが今回ご紹介する拡張機能「Insert Text」です。

テンプレート保存が可能!?Google拡張機能「Insert Text」とは…?

テンプレート

Google拡張機能「Insert Text」とは、文章登録をおこなったり、登録した文章を呼び出すことのできる拡張機能です。

ブログやサイトなどの記事執筆にはもちろんのこと、日々報告に利用するメール文を素早くタイピングするのにも役立ちます。

これを使うことによって、取引先や社内メールなどを送る際に、決まり文句である「〇〇様 大変お世話になっております。今回の…」といったような何度も使うような長い文章の保存も行なえ、必要以上の書き直しを必要としません。

また、サイトバナーやブログリンクの挿入などHTML文章も保管することで、使い方次第で文章執筆にだけ集中して臨めます。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

では最初に、ChromeウェブストアよりGoogle拡張機能「Insert Text」を導入しましょう。

Google拡張機能「Insert Text」

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

決まった文章の型をつくる!文章登録のやり方とは

拡張機能を導入できたら、文章の登録をおこなっていきます。

というのも最初に文章の登録をおこなわなければ、文章の呼び起こしができません!

そのため文章の登録方法から順を追って見ていきましょう!

まずは、先ほど導入した拡張機能アイコンを左クリックします。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

するとこのように「Insert Text」のオプション画面にページが移り変わります。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

次はこのページに文章の型となるファイルを作っていきます。矢印の指し示す「新規ファイル」を左クリックしてみましょう。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

「New Text」というファイルが生成されるので、次はテンプレートを呼び起こす際に、コマンドのような役割をするファイル名と、それで呼び出したい文章の中身をそれぞれ入力します。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

文章をこのように入力できたら、文章の保存をおこないましょう。「Save」をクリックします。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

保存に成功すると、画面上に「Update successful」と表示されます。これでひとまず文章の保存は完了です。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

登録した文章を呼び出してみよう!

ここまでで文章の保存が終わったら、次は先ほど作成した文章を実際に呼び出してみましょう。

まずは文章を入力できるところにマウスポインタを合わせ、そこで右クリック。するとこのようにメニューバーが表示されるので、その中から「Insert Text」の項目にマウスを合わせます。すると先ほど作った文章のファイル名が表示されるので、こちらをクリック。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

するとあら不思議!先ほど登録した文章をワンクリックで呼び出すことに成功しました!

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

このように文章をいとも簡単に呼び出すことができるので、長い文章執筆などにはとても重宝します!

目的別にも使いたい…登録した文章のファイル量が多くなってしまったら…?

とは言ってもこの機能…本当に役立つので、調子こいて文章の登録をぽんぽんおこなっていくと、あっという間に文章登録しすぎてファイルがずらっーと表示され、見づらくなっていきます。

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

あり得ないくらい見づらい…

特に使う場面が複数ある場合(例えば、ブログの執筆用、仕事のメール用、面白ツイート用etc…)ファイルだけを並べていくと使い勝手が悪くなっていく一方です。

そこでこの機能をもっと快適に使うために利用したいのが、「フォルダ」設定機能です。

フォルダ機能

この機能を使うことで、場面に適した文章を瞬時に呼び出すことも可能になります。

フォルダ機能

ちなみに実際にフォルダ分けする前と後を見比べるとこのような感じ。

フォルダ分けする前

Google拡張機能「Insert Text」の使い方

あり得ないくらい見づらい…

フォルダ分けした後

フォルダ機能

フォルダ設定すると、もっと使いやすくなった!

見やすさが劇的に変わりましたね!では実際にどのようにフォルダ分けするのか、その方法についても見ていきましょう!

目的別に整理して気持ちよく使おう!フォルダ分け設定の方法

最後にここではフォルダ分けの手順についてご紹介していきます。

フォルダ分けする場合は、「新規フォルダ作成」を左クリックしましょう。

フォルダ分け

すると新規フォルダが作られるので、新規ファイル同様、フォルダ名を記載し「Save」で保存します。これで新規フォルダの作成は完了です。次は、作ったフォルダにファイルをカテゴライズしていきます。

フォルダ分け

カテゴリ分けするのに新規ファイルをクリック。そして、ファイル名上にあるフォルダのプルダウンメニューより、先ほど作ったフォルダを選択し「Save」で内容を保存しましょう。

フォルダ分け

するとこのようにファイルがフォルダ分けされました!

フォルダ分け

これでテンプレート管理も出来たので、自由に定型文を出し入れしやすくなりましたね♪

おわりに…

飲み物

今回はGoogle拡張機能「Insert Text」の使い方についてご紹介しました。

メールを打つ際に何度も同じところを書き直すのが面倒…と感じる部分がある方は、ぜひ一度、文章管理ツール「Insert Text」を使ってみてはいかがでしょうか?

関連リンク

Google拡張機能「Insert Text」

スポンサードリンク







【おススメ!】書き直し不要!定型文を簡単登録できるGoogle拡張機能「Insert Text」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です