最近使ったタブを簡単復元!Chrome拡張「Recently Closed Tabs」

最近使ったタブを簡単復元!Google拡張機能「Recently Closed Tabs」

数々のサイトを並行して見ていると、稀に起こってしまう誤動作。

それにより、先ほどまで開いていたタブが全て閉じてしまった!というハプニングを経験することも…

今回はそんな誤ってタブを閉じてしまった際に、必要なタブだけを復活させることができる拡張機能「Recently Closed Tabs」をご紹介していきます!

閉じてしまったタブを簡単復元!Google拡張機能「Recently Closed Tabs」とは…?

閉じる

Google拡張機能「Recently Closed Tabs」とは、一度閉じてしまったタブを、その場で復活させる拡張機能になります。

これを使うことで、誤動作やエラーなどで閉じてしまったタブを即座に開き直すことが可能です。

Chrome搭載の標準機能「閉じたタブを開く」or「最近使ったタブ」とどこが違うの?

何が違うの?

でも最近閉じたタブを開く機能なんて、Chromeにも搭載されているから使いどころなんてあんまないんじゃないの?

いいえ、そんなことはありません!

確かに、Chromeにはタブを開くのに「閉じたタブを開く」といった閉じてしまったタブを開き直す標準機能が搭載されていますが、

拡張機能「Recently Closed Tabs」では、閉じてしまったタブを開き直すだけでなく、開き直したいタブだけを指定して開くことも出来ます!

「閉じたタブを開く」という操作をしていては、閉じた順番でしかタブを開けないため、必要なページを開くまでの手間がどうしてもかかってしまいます。

その点、拡張機能「Recently Closed Tabs」では、無駄なく必要なページだけを呼び起こすのに役立つのです!

Google拡張機能「Recently Closed Tabs」の使い方

では最初に、ChromeウェブストアよりGoogle拡張機能「Recently Closed Tabs」を導入しましょう。

Recently Closed Tabs

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

導入できたら、早速拡張機能アイコンを左クリック。するとこのように直近で閉じたタブを一覧で表示してくれます!

Recently Closed Tabs使い方

一覧で表示されたページの中から開きたいタブを左クリックしてみましょう。

Recently Closed Tabs使い方

するとこのように新しいタブで閉じてしまったタブを開いてくれます!

Recently Closed Tabs使い方

新たに開くタブを制限したい場合

またこの拡張機能には、新たに開くタブを制限することも可能です。

タブを制限するというのは、わざわざ履歴に残さなくても良いタブを設定するというものです。

ここで制限されるものとしては、スタートページにしているサイトの「新しいタブ」などが主に挙げられます。

実際に使うこと自体、少ない機能とは思いますが、一応こちらの使い方についてもご紹介していきます。

使い方は簡単。拡張機能アイコンを右クリックし、メニューバーより「オプション」をクリックします。

Recently Closed Tabs使い方

するとオプションページにジャンプします。

Recently Closed Tabs使い方

ジャンプしたら、フィルター制限(拡張機能の履歴タブに残したくないもの)をかけたい項目の「To Filters」をクリック。

Recently Closed Tabs使い方

最後に制限をかけるサイトのURLが表示されるので、間違いがないかを確認し、「OK」ボタンを押しましょう。

Recently Closed Tabs使い方

そうすることで、履歴に残したくないサイトのURLだけを弾き出すことができました!

Recently Closed Tabs使い方

ちなみにここでいう履歴というのは、あくまで拡張機能に保存される履歴を隠すだけにすぎません。そのためもし閲覧した履歴自体を消す場合は、Chromeに標準搭載されている履歴欄を消去するようにしましょう。

おわりに…

飲み物

今回は、Google拡張機能「Recently Closed Tabs」の使い方についてご紹介しました。

閉じてしまったタブをいつでも開けるようにしておきたい!という方は、ぜひ導入しておきましょう。

関連リンク

Google拡張機能「Recently Closed Tabs」

 

スポンサードリンク