Twitterのツイート文を140文字から280文字へ!Chrome拡張「Twitter Text Length Extender」

Twitterのツイート文を140文字から280文字へ!Google拡張機能「Twitter Text Length Extender」

2017年09月28日未明。Twitterで新たな動きがありました。

その新たな動きというのが、文字数の上限を140文字から2倍の280文字へ拡張しようというもの。(現時点ではテスト段階です)

ただしこれが適応されるのは、日本語、中国語、韓国語以外の言語を除いた言語圏のみ。

というのも英語表記でスペルを羅列する時に比べて、日本語、中国語、韓国語以外の言語は、少ない文字数で多大な情報量の受け渡しが可能です。

そのためこれらの言語表現のレベルの差を極力なくし、誰でも簡単に自己表現ができるようにと定められた新ルールになります。

…と公式ではそんなルールになっていますが、この度それを日本語でも実現してしまおうという拡張機能が登場しました。

その名もGoogle拡張機能「Twitter Text Length Extender」!

今回はこの拡張機能についてご紹介していきます。

ツイート文を2倍に拡張!?Google拡張機能「Twitter Text Length Extender」とは…?

伸ばす

Google拡張機能「Twitter Text Length Extender」とは、Twitter内で使われるツイート文を140文字から倍の280文字まで入力できるようにする、ツイート量を拡張する拡張機能になります。

これを使うことによって、今まで140文字で伝えきれなかった事柄を事細かく書き連ねていけるようになります。

Google拡張機能「Twitter Text Length Extender」の使い方

では最初に、ChromeウェブストアよりGoogle拡張機能「Twitter Text Length Extender」を導入しましょう。

Twitter Text Length Extender

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

後は、普段使うTwitterアカウントでツイート文を入力します。ちゃんと280文字入力すると「-140文字」という表示になり、一見文字数がオーバーしているかのような状態になると思いますが、そのまま構わず「ツイート」ボタンを押してみましょう。

Twitter Text Length Extenderの使い方

するとしっかりツイートができました!文字数を実際に「かんたん文字数カウント」で測ってみてもこの通り。しっかり280文字入力されています。

Twitter Text Length Extenderの使い方

このように誰でも簡単に利用できますので、皆さんもぜひ一度導入して使ってみましょう!

おわりに…

おわりに…

今回は、Google拡張機能「Twitter Text Length Extender」の使い方についてご紹介しました。

140文字から280文字にグレードアップすることで表現の幅も大きく変化しますので、ぜひ皆さんも一度使ってみましょう!

2017/09/28 22:00追記

現在こちらの拡張機能の公開が停止しているようです。また公開するかもしれないので、記事の内容はこのまま残しておくことにします。

記事を楽しみにしていた方申し訳ございません。今回は記事の内容のみお楽しみくださいませ。

関連リンク

Google拡張機能「Twitter Text Length Extender」

マンゴー(@f0reachARR)さん-開発者

スポンサードリンク







Twitterのツイート文を140文字から280文字へ!Google拡張機能「Twitter Text Length Extender」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です