【View Image Info】見栄えの良い画像サイズを探せる!Chrome拡張機能

【View Image Info】見栄えの良い画像サイズを探せる!Chrome拡張機能

Webサイトを運営していると、記事を執筆する以外にも画像挿入をおこなう場面もあるでしょう。

そんな時、皆さんはどのような大きさで画像を設定していますか?

フリー画像サイトの写真を使う際、画像サイズを統一しているでしょうか?

もし統一していないのであれば、記事コンテンツに合った画像を挿入してみましょう。

そこで今回は、記事コンテンツに合った画像を探すのに役立つ拡張機能「View Image Info」の機能と使い方をご紹介します。

記事に合わせた画像サイズを探せる!Google拡張機能「View Image Info」とは…?

画像サイズ

Google拡張機能「View Image Info」とは、Web上にある記事の画像サイズを盗み見ることが出来る拡張機能です。

これを使うことによって、記事コンテンツに合わせた画像サイズを自分のメディアから探すことが出来るのはもちろん、見本としている競合サイトの画像情報を参考にするのに役立ちます。

Google拡張機能「View Image Info」の使い方

では最初に、ChromeウェブストアよりGoogle拡張機能「View Image Info」を導入しましょう。

View Image Infoの使い方

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

画像情報の読み取りかた

View Image Infoの使い方

拡張機能を導入できたら、早速画像情報を見ていきましょう。画像情報を見たいページを開き、画像の上で右クリックしてメニューバーを表示します。

View Image Infoの使い方

すると別ウインドウで画像ファイルの詳細が表示されます。

画像情報の見かた

View Image Infoの使い方

細かい画像情報の見かたは下記の通りになります。

Location:画像ファイルがアップロードされている場所

Dimensions:元画像の大きさ(scaled to ~:Web上で表示されている画像の大きさ)

File Type:画像の形式(ex.jpeg,png)

File Size:画像のサイズ(ex.KB(キロバイト),MB(メガバイト)など)

※n/aは、「該当せず」の状態を表し、エラー状態であることを意味しています。

Alt/Title:画像のタイトル(画像をWordPressやブログサービスに投稿する際に、画像に付ける名前のこと)

このように画像について細かな部分まで確認できますので、自分の文章に違和感ない画像サイズを探してみましょう。

おわりに…

おわりに…

今回は、Google拡張機能「View Image Info」の機能とその使い方についてご紹介しました。

サイトの見栄えが少し悪いかなと感じる方は、ぜひ利用してみてください。

関連リンク

Google拡張機能「View Image Info」

スポンサードリンク







【View Image Info】見栄えの良い画像サイズを探せる!Chrome拡張機能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です