後で見たいWebページを一時保存!Chrome拡張「Reading List」

後で見たいWebページを一時保存!Chrome拡張「Reading List」

忙しくてもついついやってしまうネットサーフィン。

そんな時に限って自分が見たかった情報が見つかってしまうことも多いはず。

とは言っても忙しい中でたまたま見つけたWebページをブックマークに保存してばかりでは、後で見たいページを探しづらくなってしまいます。

そこで今回は、ブックマークを使わずに後で見たいWebページだけをすぐに開けるようにする拡張機能「Reading List」の機能とその使い方についてご紹介していきます。

見たいページを保存できる!Google拡張機能「Reading List」とは…?

見たいページを保存できる!Google拡張機能「Reading List」とは…?

Google拡張機能「Reading List」とは、手元にWebページを残したい時に役立つ簡易的なブックマークツールです。

これを使うことで、既存のブックマークフォルダを無為に荒らさず、後で見たいだけのWebページと頻繁に開くWebページを保存し分けることが出来ます。

Google拡張機能「Reading List」の使い方

最初に、ChromeウェブストアよりGoogle拡張機能「Reading List」を導入しましょう。

Google拡張機能「Reading List」

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

Webページを一時的に保存するには…?

Webページを一時的に保存するには…?

それでは順を追ってWebページを保存する方法をご紹介していきます。ちなみに使い方の流れは上記のGIFアニメを見ながらでも出来るので、説明で分からない部分はGIFアニメを見ながらやってみてください。

ページの開き方

まずWebページを保存するには、後で開きたいWebページをあらかじめ保存しておく必要があります。そのため保存したいページを開いた状態で、拡張機能アイコンを左クリックします。

保存のやり方

するとこのようにタブが開くので、「Reading List」と書かれた右横にある「+」マークをクリック。これで一時的にページを保存することが出来ました。

保存したページを開くには…?

保存したページを開く方法

次に保存したページを実際に開いてみましょう。保存したページを開くには、新しいタブで開いたページから拡張機能アイコンをクリックし、メニューバーを表示します。

先ほど保存したページが一覧表示されるので、そこから開きたいページを選択しましょう。すると選択したWebページへ一瞬でジャンプすることが出来ます。(「Ctrl」キーを押しながらクリックすれば別タブで開くことも可能)

ちなみに仮に飛んだ先のページがたまたまエラーでも、保存したページをReading list上で削除しない限りは消えませんので、見終わったら適宜整理するようにしましょう。

保存したWebページを削除する方法

保存したページを削除する方法

やり方は簡単。保存したWebページを削除するには、拡張機能アイコンのメニューバーより「×」印をクリックするだけで削除することが可能です。

おわりに…

おわりに…

今回は、Google拡張機能「Reading List」の機能とその使い方についてご紹介しました。

情報収集で使うWebページを保存しておきたいときなどに役立ちますので、ぜひ活用してみてください。

関連リンク

Google拡張機能「Reading List」

スポンサードリンク







後で見たいWebページを一時保存!Chrome拡張「Reading List」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です