【Pasty】複数のURLをまとめて開くChrome拡張機能の使い方をご紹介

【Pasty】複数のURLをまとめて開くChrome拡張機能の使い方をご紹介

様々なwebサイトでネットサーフィンをしていると、URLをExcelシートやメモ帳にメモ書きとして手元に残すこともあるでしょう。

とは言っても実際にページを開くとなると一つひとつURLをクリックしていかなければならないので面倒ですよね。

そこで今回は、複数のURLをまとめて開くことができる拡張機能「Pasty」の機能とその使い方をご紹介していきます。

Google拡張機能「Pasty」とは…?

Google拡張機能「Pasty」とは…?

Google拡張機能「Pasty」とは、複数のURLを一気に開く拡張機能です。

これを使うことによって、一つずつポチポチする手間を省くのに役立ちます。

Google拡張機能「Pasty」の機能紹介

Pasty 使い方

「Pasty」は、クリップボードにコピーされたURLをまとめて開くことが出来ます。

ちなみにオプション機能とかは特にないので、やれることはこれだけです。

Google拡張機能「Pasty」の使い方

最初に、ChromeウェブストアよりGoogle拡張機能「Pasty」を導入しましょう。

Pasty

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

メモ帳

後は、メモ帳やExcelシートに羅列されているURLをコピーしてください。

Pastyアイコンをクリック

次に「Pasty」の拡張機能アイコンをクリック。

URL先を全て開く

するとコピーしたURLがすべて表示されます。

おわりに…

ドリンク

今回は、Google拡張機能「Pasty」の機能とその使い方についてご紹介しました。

個人的にはOneTabに次ぐ、最もおススメできる拡張機能の一つですので、まだ使ったことがない方はぜひ一度導入して、この拡張機能のすごさを実感してください。

関連リンク

Google拡張機能「Pasty」

スポンサードリンク







【Pasty】複数のURLをまとめて開くChrome拡張機能の使い方をご紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です