見られちゃまずいサイトもササッと隠せる!Chrome拡張「PanicButton」

PanicButton

誰にでもあるであろう、人には教えたくない秘密。

そのため知り合いにはもちろん、

家族にも見られたくない調べものの一つや二つは誰にでもあるはず。

しかしそうは言っても、複数タブやウインドウで開いていては消すのにも時間がかかってしまう…。

そんな人生の終焉を防ぐのに必要な

一撃必殺の拡張機能「PanicButton」を今回はご紹介していきます。

Google拡張機能「PanicButton」とは…?

panic

Google拡張機能「PanicButton」とは、

表示されているページ全てを隠すことが出来る拡張機能になります。

Google拡張機能「PanicButton」で出来ること

隠す

Google拡張機能「PanicButton」で出来ることは一つ。

表示されているページ含めたすべてのタブを、Web上から一時的に消し去り、

隠すことができます。

これによって、絶対他人には見られたくないサイトを、

瞬時に非表示へと切り替えられます。

ちなみに使い方は、以前当サイト内でも紹介した拡張機能「OneTab」と同じで、

拡張機能アイコンをワンクリックするだけでOKです。

Google拡張機能「PanicButton」の使い方

では早速、その使い方についても見ていきましょう。

まずは、Chromeウェブストアより、Google拡張機能「PanicButton」を拡張機能として導入します。

PanicButton

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

導入できたら、Google拡張機能「PanicButton」をワンクリック。

Google拡張機能「PanicButton」使い方

するとこのように、何事もなかったかのように「新しいタブ」のみ表示されるようになります。

Google拡張機能「PanicButton」使い方

拡張機能アイコン下に表示される数は、しまったタブの数を指しており、

もう一度拡張機能アイコンをクリックすることで、全てのページを元通りにすることができます。

ちなみに、タブ固定されているページも含めてすべてのページが隠せてしまうので、

利用する際は注意して使うようにしましょう。

おわりに…

山

今回は、Google拡張機能「PanicButton」について紹介しました。

非常時に備えて、導入してみてはいかがでしょうか。

関連リンク

Google拡張機能「PanicButton」

スポンサードリンク







PanicButton

コメントを残す