【uBlock Origin】Webサイト上のうざい広告をシャットアウトするChrome拡張機能

【uBlock Origin】Webサイト上のうざい広告をシャットアウトするChrome拡張機能

ネットサーフィンをしていると何かと表示される広告に嫌気が差す方も多いことでしょう。

そこで今回は、そんなうざい広告を簡単にシャットアウトできる拡張機能「uBlock Origin」の機能とその使い方についてご紹介していきます。

うざい広告を消す!Google拡張機能「uBlock Origin」とは…?

うざい広告をシャットアウト

Google拡張機能「uBlock Origin」とは、Web上に表示されるあらゆる広告をブロックするための拡張機能です。

これを使うことでバナー広告やコマース広告といった閲覧する際の厄介な広告を取り除き、ネットサーフィンを快適に進めることが出来ます。

Google拡張機能「uBlock Origin」機能紹介

ublock機能紹介

uBlockはご覧の通り、この上なく分かりやすい広告ブロックの拡張機能です。導入するだけで瞬時に広告を非表示にします。

Google拡張機能「uBlock Origin」使い方

最初に、ChromeウェブストアよりGoogle拡張機能「uBlock Origin」を導入しましょう。

uBlock Origin

※Google拡張機能の導入の仕方が分からないという方は、コチラの「非公式Google拡張機能導入マニュアル」をご参照ください。

広告をブロックするのに設定自体は特に必要ありません。

ちなみに当サイトで実際に試してみるとこのようになります。

【uBlock導入前】

ublock導入前

【uBlock導入後】

ublock導入後

他にもホワイトリスト登録や特定サイトのブロック機能など豊富な機能が取り揃っていますので、気になった方はぜひ入れてみてください。

おわりに…

おわりに…

今回は、Google拡張機能「uBlock Origin」の機能とその使い方についてご紹介しました。

広告が鬱陶しいなぁ…と日頃から感じている方はぜひ活用してみましょう!

関連リンク

Google拡張機能「uBlock Origin」

スポンサードリンク







【uBlock Origin】Webサイト上のうざい広告をシャットアウトするChrome拡張機能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です